--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/14

8)売却理由を聞く。購入の決め手は…



私が一通り、室内を拝見させていただいたら
そのままその場で
話がトントン拍子に進んでいってました。




銀行の事前審査も、3行ともクリア、

我が家さえ良い返事を出せば
営業さんが即、売主さんの元へ行き
話しを進めて下さるとのこと。


ここでNOといえば、
次の希望者に話が行くんだと思うと、
少し焦りがなかったいえば嘘になります^^;


初めて見る物件なのに、
こんな一発目で即決しちゃっていいのか…

他の物件も見た方が良かったかな…

という考えも巡りましたが、

物件の質や立地から考えても
我が家の理想通りで、
むしろ嫌な面はなかったし、

なんといってもここで生活する自分たちが
自然と想像できたので、
このフィーリングを信じて
このまま話を進めてもらうことになりました。




現在の我が家は、この物件です。






ちなみに、売主さんが売りに出されたのは
定年退職されて、故郷にUターンされたとの事。

故郷で新たにマンションを購入されて、
こちらは しばらくは誰も住まないまま、
上京時用のセカンドハウスとして置いていたけれど、
お子様も住む予定もないので
売りに出されたとの事でした。



中古物件をお探しになってる方は
「何故この物件が売りに出されたのか」
一番気になるといっても過言ではないと思います。



いわゆる“事故物件”も懸念しないといけませんが
心理的瑕疵がある場合は、
売り手側からの告知義務があるので
きちんと注意すればいいかと思います。



そうでなくても、
販売理由は気になりますね。

今回我が家の場合、
不動産の担当さんが、
売主さんが売りに出される時も
すべてを任されていた方だったそうで、

値引きをどうするか?という話になった時に
「売主さんは きっと
これくらいはOKしてくれるはずだから
●●万円でお願いしてみましょう」と、
どちらにも配慮した対応をして下さいました。


この担当さんなら
信頼してお願いできる…
と思えたのも
購入の決め手の一つになったかと思います。



結果、担当さんの予想通り
売主さんは値引きにも対応して下さり、
浮いた分で、壁紙等のリフォームまで
回すことができました。





cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s.jpg








立地と広さ的には、
相場価格で 無事購入した
このマンションですが、

後から伺った話、

実は、私がサイトでこの物件を見つける
かなり前から販売されていたようで、
その時は、数百万高く販売していたそうです。

相場より高い価格で販売していたかというと
ベランダが広い、角部屋等の
プラスαを上乗せしていたとのこと。

しばらく、買い手がつかなかったので
相場価格まで落としたばかりのところ、

その時に私の検索エンジンに引っかかった…
という訳です。

とてもラッキーな出会いでした^^


そんな話を聞いて、なお、
やっぱりこれは運命の出会いなのかな♡
と、夫と喜んでいるところです。

当初の販売価格では予算オーバーで
出会うこともなかったはずですから…。







ちなみに、前回の記事で書いていた、
内覧申込みをしていたけれど、
購入者が決まってしまい内覧できなかった
近所の別マンション、

その後、また再販売されていたんです。

その時にはもう我が家は
このマンションの契約に向かって
進めていた時だったので、
今更心揺らぐこともなかったのですが、


中古物件は一期一会、
タイミングとご縁を大事にすべきだな、
と思った出来事でした。


にほんブログ村 トラコミュ マンション購入へ
マンション購入

にほんブログ村 トラコミュ 中古一戸建て・マンションへ
中古一戸建て・マンション

にほんブログ村 トラコミュ マイホーム、我が家へ
マイホーム、我が家










にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村


マンションインテリア ブログランキングへ

二つのマンションインテリアランキングに参加しています。
お手数ですが、下のバナーをクリックしていただけると
更新の励みになります。
いつもありがとうございます♪
















関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。